峯ヶ岡八幡神社

今年も七五三の時期に、峯八幡には是非とも行ってみたいと思っていました。イチョウの葉が黄色く色づき、拝殿やその周辺には市内の愛好家が育てた菊の鉢植えがたくさん飾られて、境内全体が華やかになるからです。そこで川口駅前で用事があったついでに、バスに乗って行ってみることにしました。
実際に足を運んでみると、予想通り境内はイチョウの黄色い葉(といっても御神木だけは葉がまだ緑色でしたが)と、色とりどりの菊で華やかに彩られていました。七五三の祈祷に訪れた親子が晴れ着姿でたたずむ様子は、華やかな中にも心が和むものがあります。境内を散策してみて、時間を作って行ってよかったと思いました。
さて今回は初めてバスで行ってみましたが、改めて気づいたことがいろいろとありました。峯八幡宮行きのバスは平日の昼間で10分に1本程度とまあまあの本数です。座席が適当に埋まるくらいの乗客がいて、地域住民の足になっている様子がうかがえました。神社の最寄りの停留所より2つ前、新郷支所でバスを降りて、県道34号さいたま草加線を歩いてみたら、車の交通量が多い一方で歩道が狭くて結構危なかったことも新たな発見でした。車で通り過ぎるだけではなかなか気づかないものです。
意外だったのは、神社から車で帰っても、電車とバスを乗り継いで帰っても、自宅までの所要時間がそれほど変わらなかったことです。峯八幡が自宅からそれなりに遠いことを改めて実感しました。

 

Lisa Aoki Nov 2017


----------------------------------------------------

バスで行ってみたら、気づいたことがいろいろあった 峯ヶ岡八幡神社(埼玉県川口市)関連ページ

暑さを忘れさせてくれる、かつての村の総鎮守 (峯ヶ岡八幡神社 埼玉県川口市)
立地条件の割には案外規模の大きい神社です。境内末社も7つあり、かつて周辺の村の総鎮守に列せられただけの風格が感じられ 埼玉川口市の峯ヶ岡八幡神社の参拝記。住所、宗派、交通アクセス、開門・拝観時間、パワースポット、駐車場などの情報と、個人的な体験、食事、宿などの話題も
落葉したイチョウもあれば、まだ葉が黄緑色のイチョウもある (峯ヶ岡八幡神社 川口市峯)
境内のイチョウの葉が変化していく様子を見るのが面白かったからです。今回はイチョウの葉が一段と黄色く色づいて、秋の深まりを実感しました。
季節の移り変わりを実感 (峯ヶ岡八幡神社 川口市峯)
御神木の大イチョウが黄色の見事な葉をつけていました。御神木を背にした本殿と拝殿はなかなか壮麗で、絵になる光景です。といっても御神木の上の方では葉がすでに散っていて、見ごろを過ぎて