恐山霊場 恐山菩提寺

私の仲の良い友人のご主人が、元々は大人しく乱暴な言葉など口にする人ではないのに、ある日から突然口汚く罵るようになり、そればかりではなく毎日夜中の3時頃になると布団の上に起き上がり叫びながら暴れだすようになったそうで、友人は理由もわからず何年も悩み続けてきたという相談を受けました。お寺や病院へ行って相談しても何の変化もなく、町の神様と言われる霊能者に見てもらったりもしましたが、どうにもならず困り果ててこのままでは自分は死んでしまうと最悪の状態まで来てしまいました。思い余って恐山のイタコの口寄せをしてみたいので、同行して欲しいと頼まれ7月の夏の霊大祭に出かけました。前の日に宿坊に泊まり、当日は18時間以上列に並んでやっと口寄せして貰いました。内容はご主人に憑依している霊を下し、その霊からなぜこんなことをするのかと聞いてみたのです。その霊は何百年も前にご主人の家計の先祖に一族みんな焼き殺された人だそうで、余りの恨みに末代まで祟り家計を苦しめてやりたいとゾッとするような事を言いました。イタコの人はその内容を解決するためには帰ったら早速調べて、そのたくさんの霊の方を手厚く供養してあげ、心から謝罪をする事しかないとつげられました。 私は一緒にその一部始終を見ていて、鳥肌立つ思いでしたがまずは信じて早速実行してみなければと思い、鳥が飛び立つように帰りました。次の日に友人の菩提寺に行き住職さんに訳を話、数日後に手厚く供養の場を設けました。通常の法事などの何倍も時間をかけて涙を流しながら心からお詫び申し上げたそうです。私は半信半疑だったのですが、友人のいう事には信じられないことが起きたそうです。その日の晩からご主人が夜叫ぶことも、日中口汚く罵る事も一切なくなったそうです。友人の明るい表情を見て、こんな不思議な事も世の中にあるのだな・・と目に見えない世界の事を実感しました。
美人ママちゃん (60代女性) 2015年7月


----------------------------------------------------

霊場恐山でイタコの口寄せを体験しました (霊場恐山 青森県むつ市)関連ページ

この世とあの世の狭間で、時間を忘れさせる旅 恐山霊場 恐山菩提寺
その景観はこの世とは思えないほど美しく、独特な雰囲気があります 青森県むつ市の恐山霊場 恐山菩提寺の参拝記。住所、宗派、交通アクセス、開門時間、駐車場、パワースポットなどの情報と、個人的な体験、食事、宿などの話題も
恐山日帰りドライブ (恐山神社 むつ市)
道中で恐山冷水に寄り不老水若返りの水との事で頂きました。到着しまず現生とあの世の境目を流れるとされる三途の川に掛る橋を渡り、地蔵殿参拝、そして岩場の地獄めぐりへ。めぐって行くと宇曽利山湖の極楽浜に辿り着き
この世とあの世の境目 (恐山菩提寺 青森県むつ市)
むつ市中心部から車で30分程の山道を抜けた所にそれは在ります。まず着いて出迎えるのが、壮大に広がる宇曽利湖と硫黄の独特な匂いです。三途川の橋もあり、