調神社

我が家には卯年生まれの息子がいます。 さいたま市にある調(つき)神社は地元では「つきのみや神社」として親しまれている神社なのですが、鳥居がなく境内には狛犬ではなく狛兎が置かれている神社です。兎は灯籠や出水、池の噴水など至る所にて可愛らしさに癒されます。息子が生まれた頃浦和に在住しており、卯年の息子のお宮参りに行って以来毎年の初詣、七五三参りと事あるたびにお参りさせていただいています。 お宮参りの時は土曜で同様のお宮参り家族がいましたが、七五三参りの時は平日を選んだので我が家のみ貸切状態でご祈祷していただきましたが。七五三の賑やかな雰囲気がなかったのが少々残念でしたが。 初詣は毎年2、3日の午後辺りに出向くのですが、敷地の外から並ぶものの30分程度は並ぶものの大きな寺、神社に比べると比較的スムーズにお詣りできるように思います。お詣りが終わったら賑わう出店をブラリとします。出店で買った遅いお昼を神社に隣接した調公園の一角で楽しむのが毎年の我が家の初詣の定番になっています。
kunkun (40代女性) 2011年4月、それ以降毎年の初詣時期


----------------------------------------------------

我が家の兎詣り (調神社(つきじんじゃ) さいたま市浦和区岸町)関連ページ

うさぎにゆかりの調神社 (調神社 さいたま市浦和区)
地元の我々からは「つきのみや」と呼ばれています。こちらの神社は、ちょっと変わったかわいらしいものがあることで知られています。正面から境内に入るところ、
娘の七五三 (調神社 さいたま市浦和区)
鳥居のない神社なので、入口に違和感がありましたが、ウサギの形をした石の置物がおかれており、そこで記念撮影をしました。なかに入ると、
息子のお宮参り (調神社 さいたま市浦和区)
前年に引っ越してきてから、初詣で訪れ今回が2度目の訪問でした。調神社には狛犬がいないかわりに兎がいます。前回は購入した御守りにウサギがいてなんだか嬉しい気持ちに
ろくな思い出がない…調神社
「つきのみやさま」として親しまれている神社です。また入口には鳥居がなく、両側には狛犬の代わりに兎の石像が置かれて・・・埼玉の調神社の参拝記。住所、宗派、交通アクセス、開門・拝観時間、パワースポット、駐車場などの情報と、個人的な体験、食事、宿などの話題も
うさぎに見られて年越し (調神社 さいたま市浦和)
浦和の調ちゃんといったアニメが作られたり遠くから見学にいらっしゃる方も居るのだとか. 特に酔っ払って警察とお年を越される方も特に居なかったようで、外国人の方の多さに驚かされながらも楽しい年越しを過ごす事が
うさぎ神社 (調神社 さいたま市浦和区)
着くといきなり狛うさぎがお迎えしてくれます。手水舎に向かいますと、かなり大きなまるまる太った大うさぎの口から水ががピューと流れており