興禅院

2017年も紅葉が見頃の時期に、興禅院へ行ってきました。まず目についたのは参道のモミジです。参道全体が赤や黄色に色づいて、この時期ならではの光景を作り出します。カメラを片手に散策する人が何人もいただけでなく、三脚を使って本格的な写真を撮影する人もいました。
山門の入り口の掲示板には「アジサイ広場のモミジ 見頃です」「弁財天 十三佛周辺は十二月上旬が紅葉見頃 まずは土と雑木の落葉の感触を足でお楽しみください」という貼り紙がありました。紅葉の時期の違いや楽しむポイントを押さえているあたりに、参拝者への心配りが感じられます。貼り紙に書いてある通り、アジサイ広場では見事な紅葉を楽しめた一方、弁財天や十三佛のあたりではまだ緑色の葉が多かったです。
このほか山門と紅葉、鐘楼と紅葉の組み合わせも絶妙なものがありました。モミジ以外では、モミジそっくりだがカエデ科ではない「モミジバフウ」や、サンシュユの赤い実、二季咲きの桜が見どころだったといえるでしょう。

 

Lisa Aoki Nov 2017


----------------------------------------------------

参拝者への心配りが感じられる 興禅院(川口市)関連ページ

とにかく楽しく散策できた (興禅院 川口市)
紅葉で知られるお寺だけあって、とにかく楽しく散策できました。特によかったのは、本堂裏の森林の斜面にある十三仏と千手観音です。いずれも石板に彫られた仏像で、
野性味の中にも可憐さが―興禅院のヤマアジサイ (興禅院 川口市安行)
まずアジサイが咲いている様子に目が留まりました。さらに山門脇をはじめ、境内のところどころに「ヤマアジサイが見ごろ」「アジサイ広場が開門している」といった内容の張り紙があり
色とりどりのアジサイは、見ごたえがあります!(興禅院 川口市安行)
駐車場に車を止めると、早速色とりどりのアジサイが出迎えてくれました。さらに山門の前に進むと、アジサイ広場が開放されていて、
一本だけ紅葉 (興禅院 川口市安行領家)
本堂から弁財天へ向かう途中に広場があり、その入り口に「1本だけ紅葉がある」という内容の貼り紙がありました。お寺がその時々の草花の見ごろを
意外なところで話題に (興禅院 川口市安行)
「川口にもアジサイのきれいなお寺がありますよ」と私が言うと、美容師はおもむろに何かを取り出しました。一見鏡のようでしたが、実はタブレット端末
3週連続して足を運んでしまいました (興禅院 川口市安行領家)
行くたびに紅葉が進み、季節の移ろいを体感できます。広場のモミジは半分以上が紅葉になっていて、最初に紅葉した木は7割くらいの葉が落ちていました。一方弁財天や十三仏のあたりでは、ところどころで紅葉が見られる状態で
紅葉の知名度の高さを改めて実感 (興禅院 川口市安行領家)
紅葉の進み具合は場所によって差があり、本堂の近くや広場では紅葉がそれなりに見られた一方、弁財天や十三仏のあたりではほとんどの葉がまだ緑色でした。これからは
紅葉のほかにも見どころが… (興禅院 川口市安行領家)
一方、弁財天や十三仏のあたりでも紅葉が進み、一帯が燃えるような赤に染まっていました。この時期ならではの壮観な光景だといえます。さて今回の見どころは、紅葉だけではありません。広場には二季咲き桜のアーコレードが白い花をつけていて、青空と見事なコントラストを形成していました
紅葉の次は、ロウバイとクリスマスローズ (興禅院 川口市安行領家)
境内には「ロウバイが咲いています」という貼り紙が数か所にありました。貼り紙に従って鐘楼の横へ行ってみると、ロウバイの黄色い花が咲いていて、甘い香りが漂って
高い所に咲く梅の花は、興禅院ならでは (興禅院 埼玉県川口市)
興禅院に足を運んだのは約1か月ぶりでしたが、梅が咲いている様子を見て「来てよかった」と実感しました。興禅院には
紅梅は目印になるが、実は (興禅院 埼玉県川口市)
興禅院の参道の入り口で咲いている色鮮やかな紅梅が目印になります。ところが車を止めて参道へ向かい、
3月中頃の興禅院は見どころ満載 (興禅院 川口市安行)
境内には思いのほか見どころがたくさんありました。まず山門を入ると、左手に辛夷と出雲大社やぶ椿が見えました。辛夷は大きな木にたくさんの白い花をつけていて、伸びやかな感じです。
春のモミジも面白い (興禅院 埼玉県川口市)
春のモミジも紅葉とは違った味わいがあります。新芽は赤みを帯びていて、成長すると周囲が赤くて内側が黄緑色の若葉になり、葉はやがて黄緑色から緑色へと色が濃く
千手観音像の前に何かが… (興禅院 埼玉県川口市)
興禅院へ行ってみたら、ヤマアジサイが咲いていました。境内の掲示によると、ヤマアジサイの見頃は5月下旬で、通常のアジサイの見頃は6月上旬だそうです。アジサイが
にわか仕込みの知識だけで、違いがわかったつもりになっていた (興禅院 埼玉県川口市)
アヤメとカキツバタの違いを画像で確認しました。花びらの付け根に網目のような模様があればアヤメ、白い筋のような模様があればカキツバタ
夏本番を実感 興禅院(埼玉県川口市)
脇の「ハス各種 時々咲きます」という掲示の通り、境内ではハスがちらほら咲いていました。ハスの鉢はそれほど多くなく、私が行ったときに
見どころはヒガンバナ 興禅院(埼玉県川口市)
興禅院へ行ったのは、今回が初めてです。8月の境内の様子を是非とも見てみたいと思っていましたが、なかなか都合がつかず、結局月末に
紅葉のシーズン、到来 (興禅院 川口市安行領家)
興禅院ではモミジが少しずつ色づき始め、まさに紅葉のシーズンの到来といったところです。境内にたくさんあるモミジで特に着目したのは、広場にある1本の木