長谷寺

奈良県の長谷寺は、山一つが広大な境内となっていてどうしても行ってみたい寺院の一つでした。山頂の本堂に安置されている本尊十一面観音立像は、高さ10メートルあり日本一と言われています。それを見たくて行きました。最寄りの駅から少し距離がありますが、その手前の門前町の風情も素晴らしく、霊場巡りにふさわしい気分にさせてくれます。入場すると本堂に向かうには399段の「登廊」(階段)を登らなくてはなりませんが、屋根が付いており傾斜も緩いので休憩しながら登りました。その苦労のあとご対面した本尊は、想像以上に大きく圧倒されるほどのたたずまいを持っていました。その大きさはどこか「包容力」を感じさせ、出会えたことと生きる喜び,奈良に再び期待と来たいという思いを自覚できました。長谷寺は花の寺としても知られ、初夏の「ぼたん祭り」では、境内に鮮やかなぼたんが咲き乱れ、全国から観光客が集まります。 「登廊」を登ることは大変ですが、登りきったことで観音さまが待っている・・・という体験でもありました。
CRECHAN (50代男性) 前回は2015年夏に行きました。


-------------------------------------------------------

日本一大きな十一面観音立像に会いに (長谷寺 奈良県桜井市)関連ページ

長谷寺の牡丹、石楠花を見に行きました
長い参詣道を歩いて登ったその先には見事なくらいの石楠花が待っていてくれました。実は石楠花という花を目にするのは生まれて初めてで 奈良 長谷寺。場所や交通アクセスなどの情報のほかに 個人的な体験談や口こみ。食事、宿などの話題も
満開の紫陽花を見た (長谷寺 桜井市初瀬)
紫陽花の満開時期に無理やりおやすみをとって行くことができました。長谷寺へは何度か行ったことはありましたが、いつもタイミングがずれていてなかなか満開の紫陽花を見ることが
紅葉を見に長谷寺へ
長谷寺に父と一緒に来られたことが私はとても嬉しく楽しかったです。紅葉が目当てだったのですが陽がまだ暖かく紅葉は見れずでしたが、しだれ桜や紫陽花や
桜井市の長谷寺参拝 (長谷寺 桜井市初瀬)
我が家の菩提寺は真言宗豊山派の羽黒山胎養寺と言うお寺になります。自分の妻の実兄が石材の加工業を営んでいる関係からこのお寺にお墓を建てる事になり
登廊わきの牡丹が見事です。 (長谷寺 桜井市初瀬)
近鉄奈良線の長谷寺駅を降りて、少し駅から離れています。山あいの参道にはお土産物店もたくさんあり、長谷寺が古くから