大神神社

大神神社と書き"おおみわじんじゃ"と呼びます。一度目の参拝は、家を購入した時に御祈願に行かせて頂きました。その時には知らなかったのですが、山に神様が居られると聞き二度目は10年以上経ってからお礼詣りも兼ねて山の神様に会いに行こうと出向きました。下の神社でお祓いをし、首にお札をかけて入山しました。山の中は映画もののけ姫の世界です。大きな木に囲まれた森の中で、道も険しく尾根が出ています。最初で最期のトイレ休憩場所までたどり着くのに、すでに息からがらでした。少し休憩して再び登った所で、このまま登ったら救助を頼まなくてはならなくなるかもと思い諦めた方が賢明だと思いました。足にきたと言うより、頭がふらふらして軽い高山病のような状態だったからです。同伴者と別れて下山し、下の神社で霊水を頂きました。とてもまろやかな美味しいお水でした。
アクアマリン (50代女性) 2016年秋


-------------------------------------------------------

山の神様に会いに行きました (大神神社 奈良県桜井市)関連ページ

三輪明神でのおみくじに運命を感じた (三輪明神大神神社)
とにかく神頼みをしに行こうということで、近くの大神神社へ行くことになりました。人混みもほとんどなく薄暗くなり始めた神社に二人でお参りをした後、
大神神社でご神体のお山に登りました (桜井市)
日本で5本の指に入るパワースポット、とテレビで紹介され、どうしても行ってみたくなり、はるばる関東からお参りに行きました。
大神神社で合格祈願
日本最古の神社だと圧倒されました。そして竹や杉などの大樹が生い茂るマイナスイオンに溢れている参道を歩いていると、パワースポットで有名な
初詣で新酒を買った 大神神社
帰り道には、このご利益のある山の名前にちなんだ三輪そうめんを出す店が多くあり,年越しをそばではなく、温かいそうめん=にゅうめんを食べる人が
涼みながら自分と向き合うために 大神神社
鳥居をくぐって案内にそって歩いていくと山になり、徐々にてっぺんに近づきます。てっぺんには人がほとんどおらず、そこで一時間くらい瞑想
長男の七五三に行きました (大神神社)
長男が三歳を迎えましたので七五三を大神神社に行ってきました。当日はとても寒く雨もしとしと降って
大神神社までの行き方 Takominさんの参拝記 1/6
山の辺の道 桜井 大神神社までの行き方 Takominさんの参拝記 1/6
高さ32mの大鳥居を下から眺める〜高い! Takominさんの参拝記 2/6
山の辺の道 桜井 高さ32mの大鳥居を下から眺める〜高い! Takominさんの参拝記 2/6
拝殿に参拝しました Takominさんの参拝記 3/6
拝殿に参拝しました Takominさんの参拝記 3/6。
御神体の三輪山を眺めて Takominさんの参拝記 4/6
山の辺の道 桜井 大神神社。御神体の三輪山を眺めて Takominさんの参拝記 4/6
巳の神杉で、巳年の友人が大喜び Takominさんの参拝記 5/6
山の辺の道 桜井 大神神社。巳の神杉で、巳年の友人が大喜び Takominさんの参拝記 5/6
そうめんを買って、家に帰ろう! Takominさんの参拝記 6/6
山の辺の道 桜井 大神神社。そうめんを買って、家に帰ろう! Takominさんの参拝記 6/6
おごそかな空気に包まれた、日本最古の神社 大神神社
境内に足を踏み入れた瞬間から、その場の空気の違いに驚きました。夕方近くだったせいもあると思いますが、境内はしんと静かで 山の辺の道 桜井 大神神社。食事、宿などの話題も
妻と大神神社へ初詣に行った By YYさん
妻と大神神社へ初詣に行った By YYさん 山の辺の道 桜井 大神神社。食事、宿などの話題も
商売繁盛・家内安全のお参りへ 大神神社
狭井神社は病気を鎮める神を祀る神社として知られ、その名もくすり道という砂利道を進んでいくと・・・山の辺の道 桜井 大神神社。食事、宿などの話題も
初詣は大神神社へ
毎年初詣は、奈良の三輪山大神神社に行きます。近鉄大阪線の電車が桜井駅に近づくと、車窓からなだらかな稜線が美しい三輪山が見えて 山の辺の道 桜井 大神神社。食事、宿などの話題も
初詣 大神神社
家族は2日に行っていたため、自分自身単独での参拝でした、いつもの駐車場に愛車を止めて山腹にある神社まで歩きです。何度も参拝したこの神社ですが 山の辺の道 桜井 大神神社。食事、宿などの話題も
車購入に伴う安全祈願に。 (三輪明神 大神神社 桜井市)
。奈良県民では、「車を買ったらまず三輪に」というぐらい人気のスポットでもあります。そのため、祈祷の申し込みをするだけで
厄年の厄払い (三輪明神大神神社 桜井市三輪)
んな三輪さんに2015年2月、厄年に突入したので、周囲からの勧めもあり厄払いを受けに行きました。私自身が祈祷を体験するのは初めてでしたので
地鎮祭を大神神社でお願いした (大神神社)
赤ちゃんの「お宮参り」や「「七五三」でお世話になっていた「大神神社」にお願いすることにしました。電話での申し込みを行い、新築を建築する場所と当日の参加者の人数