熊野本宮大社

熊野本宮大社は世界遺産の熊野古道のゴールです。私は滝尻王子から5回に分けて歩きました。本宮大社までの道は美しくて歴史のあるところもあれば安全性を考慮して舗装道路であったり住宅の間を抜ける道もあります。道中には道に迷わないように熊野古道の道順があったり各王子にスタンプラリーがあります。すれ違う人は皆、挨拶をしてくれます。海外の方も多くて仲良くなり一緒に歩いたりもする方もいます。語り部協会もあり、熊野の歴史や草木の豆知識なども詳しく教えてくれます。お昼ご飯は必ず買っていくか作っていってください。高原神社のそばに小さな休憩所がありますが草餅などを販売していて昼食は売っていません。熊野古道にあるトイレは山の中にあるのに比較的綺麗です。熊野本宮大社には30m以上ある大きな鳥居もあり見応えは抜群です。なにより世界遺産の中を自分の足で歩く爽快感がたまりません。
koikyo (20代男性)2016年11月初旬〜12月初旬


----------------------------------------------------

世界遺産を歩く (熊野本宮大社 和歌山県田辺市)関連ページ

大きな鳥居 (熊野本宮大社 田辺市本宮町)
夫と初めて旅行したのが熊野本宮大社でした。夫は神社が好きでどこに行こうか迷っていたところ、ふと目に留まった世界遺産の本で熊野の特集が
八咫の火祭りと花火 (熊野本宮大社 和歌山県田辺市)
地元のお祭りを見に行こうと特に調べもせず参加しました。古代の装束に身を包んだ人たちが炎を会場まで運んで行って、儀式があり