筥崎宮

毎年9月に数日間に渡って開催される、福岡市の筥崎宮の放生会(ほうじょうや)。毎年行きたい行きたいと思いつつ、ようやく初めて参加したのは去年のことでした。その感想はとにかくタイトルの言葉に集約されます。「歴史的バラエティ」。出店の数もさることながら、その種類の豊富さにもワクワクさせられました。有名な縁起物おはじきやビードロなんかの民芸品、放生会名物らしい新生姜の屋台、そして「ザ・レトロ祭り」とも言うべきお化け屋敷や見世物小屋など。「時間内に回りきれるかなあ!?」と、遊園地に来た子供のように気持ちが高ぶってしまいました。中でも驚いたのが見世物小屋。生まれて初めて生で見たわけですが、まだこの商売をされている方がいらっしゃるのですね。商売というよりは、文化継承の目的が大きいのかも知れません。内容は、もちろん現代のモラルに反しないようなものになっており、でも耐えかねて途中退場するお客さんもごくわずかいるような、「安心して入っていいけれど色んな意味で見応えは充分!」なものでした。とても面白くて、印象に残りましたね。小屋の中のあの、タイムスリップしたような空気感もたまらなかった。そういった特殊な意味でも、お祭りのしてのシンプルな豪勢さの意味でも、とてもバラエティに富んだお祭りでした!
アキール (20代女性) 2016年9月の放生会開催期間


----------------------------------------------------

「歴史的バラエティ」筥崎宮放生会 (筥崎宮 福岡市東区箱崎)関連ページ

放生会の「お御幸」にて雅楽演奏 筥崎宮 福岡市
従兄が筥崎宮の檀家の青年部に所属していて、放生会のお御幸で雅楽を演奏しながら練り歩くことになっていたのですが、人数が足りないからとフルートの経験のある私にも参加するよう
筥崎宮はやっぱりお祭りがおすすめ 福岡市
9月の放生会は地元でも人気のお祭りです。生き物を放ち命を大切にすることがこのお祭りのテーマですが長い参道には数百軒の露店が並び
筥崎宮の放生会に行った 福岡市
昼間と夜とでは雰囲気や参拝者の数も全然違うので何度行っても楽しめます。特に出店の数と種類の多さには驚くほど
折あれば参拝しています 筥崎宮
玉せせりなどの有名行事もありますが、私は折あれば参拝しています。本当に神様が 福岡県福岡市の筥崎宮の参拝記。住所、宗派、交通アクセス、開門時間、駐車場、パワースポットなどの情報と、個人的な体験、食事、宿などの話題も
毎年訪れている放生会での初体験 筥崎宮
たくさんの人たちが大切な人たちの無事や幸せを願う神社で参拝者の幸せを願う舞手さんの温かいお心、そんなとても綺麗な心に包まれていることが嬉しくて 福岡県福岡市の筥崎宮の参拝記。住所、宗派、交通アクセス、開門時間、駐車場、パワースポットなどの情報と、個人的な体験、食事、宿などの話題も
筥崎宮にて初詣
「本当は海から神社まで参道が続いてる」とのこと。海辺にたつ鳥居も見たかったのですが寒かったので断念。境内はそんなに広くはなく色使いも質実剛健といった雰囲気で
春の社日祭 お潮井取り 筥崎宮
春の訪れの儀式である《春季社日祭・お潮井取り》が、行われます。筥崎宮の年中行事のひとつで、3月・9月の2回、社日祭があります。社日祭とは、
本祭神を囲む10末社 (箱崎宮 福岡県福岡市)
楼門の上部に「敵国降伏」の額が掲げられている。この額は、鎌倉時代中期、中国大陸から蒙古が襲来したとき、箱崎宮に撃退の戦勝祈願して
9月になると放生会 (筥崎宮 福岡県福岡市東区)
筥崎宮の秋の祭りを知りました。 教えてもらったことは、ちゃんぽん、おはじき、新生姜の3つです。 ちゃんぽんとおはじきは、壊れそうだったり並ぶまで